幸福を届ける花、スズラン

2016年04月25日

今回は、5月頃に切り花として出回る、スズランのお話です。

IMG_4104

 

 

 

 

 

 

 

スズランは、日本の中部地方より北側の高地に生息するお花です。

切り花や鉢植えとして出回るのは日本原産のものではなく、ほとんどがそれより丈夫なヨーロッパ原産のドイツスズランです。

かわいらしいベルの様な花と、独特の香りがします。

また、君影草(きみかげそう)や谷間のユリ(Lily  of the valley)といった別名も持ちます。
香りや姿、名前から想像できるかわいらしい、清楚なイメージの一方、スズランには毒性があり、切り花を生けていた水を誤って飲んでしまった人が亡くなるなど、怖い一面も持ちます。

フランスでは、5月1日メーデーにスズランの花を贈る習慣があるそうです。

スズランを贈られた人に幸せが訪れるといわれます。

小さなコップにスズランの花と葉をたくさんいれると、とてもかわいらしいです。
IMG_4103

 

 

 

 

 

 

 
誰かの幸福を願って、スズランを贈ってみてはいかがですか?

taka-hahanohi2016 法人様向けフラワーギフト