初夏の花 ルピナス

2017年05月01日

今回はルピナスについてご紹介します。

ルピナスという名前は、ラテン語でオオカミを意味する”ループス”が語源となっており、オオカミのように荒地でも生息する強靭な強さを持っていることに由来しています。

ルピナス

フジを逆さにしたような姿から、別名昇り藤・立ち藤などとも呼ばれています。

鉢植えの場合、開花期は3月~6月の春から初夏にかけてで、花穂を長くのばし蝶型の花をたくさん咲かせます。

カラーが、赤、ピンク、オレンジ、黄、青、紫と多彩なので、寄せ植えにすれば花壇やお庭がより明るくなりそうですね。

ルピナスは日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の日陰でも耐えらるお花です。

過湿よりも乾燥気味を好むので、風通しの良い場所で管理し、お水やりは土の表面が完全に乾いたらあげるようにしましょう。

酸性の土に弱いので石灰を混ぜ込んで中和しておくと良いです。

 

花言葉は、想像力、いつも幸せ、貪欲、あなたは私の安らぎ

初夏のお花をぜひ楽しんでみてください。

法人様向けフラワーギフト