人と差がつく?!ネイティブフラワー

2016年08月24日

お部屋にお花を飾ると、それだけで気分が明るくなりますよね!
バラやガーベラなど、定番のお花も素敵ですが、いつもとは一味違うお花を取り入れてみませんか?

今回は、個性豊かなお花「ネイティブフラワー」についてご紹介します。

オーストラリアなどの南半球が原産のお花全般を「ネイティブフラワー」と呼び、日本の植物にはない珍しい形をしています。
ゴージャスな見た目と、花持ちの良さから、生け花やお店のディスプレイなどに使われることも多いです。
日本で流通しているものの多くは、南半球(夏)で育ち、秋~冬に出回ります。

ここで、数あるネイティブフラワーの中から、おすすめの2種類をご紹介します。

 

「ピンクッション」(別名:リューコスペルマム)
1枚目

その名の通り、手芸用の針刺しのような形をしています。針のように飛び出している雄しべが目を引きますよね。
実は、「どこでも成功を」という花言葉を持つ、とても縁起の良いお花なんです!
見た目も華やかなので、送別や開店祝いなどのギフトに取り入れるのもおすすめです!
花色は黄・橙・ピンク・赤があり、原産地は南アフリカです。

 

 

 

「リューカデンドロン」
2枚目

全体的に硬い葉で覆われたような見た目をしていますが、茎の先端部分は「茎葉」と呼ばれ、花を覆う葉が変化したものです。その中にお花が隠れている珍しい植物です。
「閉じた心を開く」という花言葉も素敵ですよね♪
とにかく丈夫で、アレンジメントやドライフラワーにもおすすめの花材です!
こちらも原産地は南アフリカです。

 

 

 

その他にも沢山種類がございますので、皆さんもぜひお気に入りのネイティブフラワーを見つけて、ご自宅でも飾ってみてください!

taka-hahanohi2016 法人様向けフラワーギフト