母の日の定番 カーネーション

2017年05月01日

母の日に送る花と言われて思いつくのはカーネーションだと思います。

みなさんはどうして母の日にカーネションを贈るうようになったのか、ご存じですか?

今回は個人的にも気になっていた、母の日の由来を含めてご紹介したいと思います。

20世紀初頭に、アメリカの「アンナ・ジャーヴィス」という女性が、母親の死をきっかけに、苦労して育ててくれた、と敬う気持ちを母親が亡くなったあともこの世に残しておきたいと、母親の祝日を設ける運動を始めたことから「母の日」が誕生しました。

アンナの母親は白いカーネーションが好きで、追悼式では白いカーネーションを飾り、出席者にも配りました。そこから、母の日にはカーネーションを贈るようになったと言われています。

その流れから、母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなっていれば白いカーネーションを贈るようになったのです。

最近では多彩なカーネーションが出回っていますが、色によって花言葉が違います。

・赤…母の愛、愛を感じる

・ピンク…感謝、上品・気品、温かい心

・紫…誇り、気品

・青…永遠の幸福

・黄…友情、嫉妬、軽蔑

・オレンジ…純愛、あなたを熱愛します

 

※黄色はネガティブな意味が多くさけたほうが良いです。

オレンジはどちらかというと恋人向けの意味合いです。

カーネーション

鉢植えの育て方として、

出来るだけ日当たりのよい場所に置きましょう。日に当てることによってつぼみが沢山でてきます。また、花がらをこまめに摘むと次のつぼみが咲きやすくなります。

多湿にすると根腐れをおこしてしまうので、土の表面が乾いたらたっぷりとお水を上げるようにしましょう。

5号鉢カーネ

今年の母の日は、日々の感謝の気持ちと共に、花言葉の意味も込めてカーネーションを贈ってみてはいかがですか。より一層喜ばれることでしょう。

法人様向けフラワーギフト