多肉植物

2018年03月01日

DSC_0013◆鑑賞

「ぷにぷに」「ぷっくり」な姿が愛らしい!!

フラワーアレンジメント感覚で楽しめ、丈夫で育てやすく、「多肉女子」という言葉が生まれたように、特に女性に人気があります。

ガラス容器やブリキなど、花器にこだわって彩り豊かな多肉植物を寄せ植えしてみてはいかがですか?

最近インテリアとしても人気のある多肉植物。小さなスペースでも楽しめるのが特徴です。

DSC_0020

◆育てる

多肉植物は、元々砂漠や高山の斜面など非常に過酷な環境に生息しています。、

肉厚な葉や肥大化した根に水分を蓄えているため、水やりは控えめで大丈夫なんですね。

というか、水分の少ない過酷な環境下で生き抜けるよう、独自の進化を経た植物ということです。

神秘的でジブリの世界に出てきそうです。

DSC_0017

◆コレクション

一般受けするものから愛好家に人気があるものまで、実に2万種を超える品種が存在する多肉植物。

実はサボテンも多肉植物に含まれるってご存知でしたか?ただ、種類が多いので園芸の世界ではサボテンと多肉植物の取り扱いをわけています。

色・形・大きさ・育ち方もそれぞれ。価格帯はリーズナブルなものから希少種の高価なものまで。

キラキラのジュエリープランツ「ハルオチア」や個性的な風貌の「リトープス」などは多肉植物の専門店でない限り、常に取り扱いがないのが普通です。

何気なく立ち寄ったお花屋さんで、気になる品種を見つけたら即買いがおすすめです。

ジェルフラワーでも多肉植物がお店に並ぶこともありますので、お気軽にお問合せ下さい。

DSC_0011

法人様向けフラワーギフト