ハロウィンの由来と愉しみ方をご紹介!

2019年10月09日

例年10月31日に開催され当日を迎えるまで街全体が雰囲気一色になるハロウィンは、年々人気と規模が大きくなり大勢の方々が楽しみにしている事柄です。

かぼちゃ-1
ハロウィンが行われるようになったのは、かつて新年が11月1日で大晦日が10月31日とされていた頃、大晦日の夜に戻ってくる先祖と共に良くない霊もやってきて、良くない霊たちは人間が手塩にかけて手がけた作物や人間に悪さをしたり、子供を連れて行ってしまうと考えられていたためです。
そこで、悪さをする良くない霊たちを驚かせて悪さをさせないようにすべく、仮面を着用したり仮想をするといった今日のハロウィンに通ずる対策を行いました。
中でもハロウィンの代名詞的な存在であるジャックオーランタンの由来になったのが焚き火であり、霊たちは火がある場所には寄ってこないと考えたため、焚き火をしたり作物の中をくり抜いて火を灯しました。

かぼちゃ-2
今日ではランタンといえばかぼちゃですが、当時は現地で栽培されていたかぶの中をくり抜いて火を灯していたものの、以後伝統がアメリカに伝わった際にアメリカにて最も生産量が多かった野菜がかぼちゃという事もあり、今日のようにかぼちゃになりました。
ハロウィンにおいてジャックオーランタンとしてのかぼちゃの飾り方でより良いのは、作成途中において中身をくり抜く際にできるだけ中身はしっかりと取り除くようにする事です。
中身の柔らかい部分は短時間で品質に変化が起こりやすいという特徴があるため、取り残しが無いようにくり抜きつつ地面に直接的に置くのではなく、吊り下げたり高い所に置くといったかぼちゃの飾り方がより良いです。
また、ハロウィンの当日はもちろん少し前からハロウィンの雰囲気を高めていきたい時にはお花を飾るのも良い方法であり、お花を飾る際にはバラを選ぶと色合いや花言葉によってハロウィンの雰囲気がますますの楽しくなります。
バラが持つ真紅な色合いや棘が大人っぽさが感じられますし、情熱といった花言葉もハロウィンの雰囲気に合っています。

法人様向けフラワーギフト