ジェルフラワーが産地直送で最高級の胡蝶蘭ギフト「e胡蝶蘭販売」

ジェルフラワーが産地直送で最高級の胡蝶蘭ギフトをお届けします。

胡蝶蘭の選び方Q&A

胡蝶蘭の選び方・贈り方Q&A

贈答用として人気の高い胡蝶蘭ですが、どんなものを選んだらよいか迷うという声もよく聞かれます。ここでは、シーン別の選び方などを中心に、お客様からいただいたご質問にお答えします。

お祝い事にはどのタイプの胡蝶蘭がよいですか?

qa01

すべてのタイプの胡蝶蘭をお選びいただけます。
おすすめは、大輪の胡蝶蘭。お祝いの気持ちを表現するにふさわしい、豪華で目を引く贈り物です。
お届先の方が大きな胡蝶蘭を置くスペースに困る場合などは、ミディタイプの胡蝶蘭で花数・本数が多いものをお選びいただきますと、小さめの花でも華やかさを損なわずセンスの良い贈り物になります。
お色は、白・ピンク・紅白いずれもお使いいただけますので、お届先の方の雰囲気に合わせてお選びください。
シーン別のおすすめ胡蝶蘭はこちら»

お悔やみにはどのタイプがよいですか?

qa02

白い胡蝶蘭をお選びください。
ご霊前の場合は花の大きさにかかわらず、白い色の胡蝶蘭をお選びください。
ラッピングも、白い和紙と白または黒のリボンを使います。ご仏前用では、亡くなられて間もない方へ送る場合は白い胡蝶蘭を贈りますが、そうでない場合は、白の他、淡いピンクや黄色の胡蝶蘭を贈る場合もあります。また、色のある和紙やリボンでラッピングをすることもあります。
弔辞への志のおすすめ胡蝶蘭はこちら»

贈り物ならどんな用途でも大丈夫ですか?

胡蝶蘭も含め、お見舞いに鉢植えの植物はさけましょう。
鉢植えの植物は、根があることから「寝(根)つく」、「病気に根が張る」などと言われ、お見舞いには向きません。花を贈る場合には、切花の花束やフラワーアレンジなどにしましょう。

ギフト用の胡蝶蘭にはどんな種類がありますか?

qa03

色や大きさなど、様々な種類があります。
一口に「胡蝶蘭」といっても、品種もスタイルも様々です。
それぞれの胡蝶蘭に特長がありますので、結婚式やパーティー、お祝いや記念日の贈り物、開店祝いなどのビジネスギフト、観賞用・インテリアなどの用途や、受け取る方のお好みにあわせてお選び下さい。

胡蝶蘭の種類はこちら»

どれぐらいの価格のものを贈ったらよいかわかりません。

用途やシーン別に、適当な価格帯も変わります。

*10,000円~30,000円クラス

新築祝いや結婚・お誕生日や還暦など、個人のお客様の一般的なギフトフラワーとしては最もご注文の多い価格帯です。
ビジネスシーンでも、開店・開業・移転など、通常のお取引先へのギフトとしてご利用の多い価格帯でもあります。

*50,000円~70,000円クラス

特別な方へのお祝い、重要なお取引先重役などの就任祝いなど、お受取人様への気持ちを特にアピールしたい場合にご利用の多い価格帯です。胡蝶蘭では、このランクになると見栄えも格段にアップします。

*70,000円~クラス

盛大な祝賀会やパーティー、株式上場などの企業の大きなセレモニーなど、盛大にお祝いの気持ちを表現したいシーンでご活用ください。

価格帯別おすすめ胡蝶蘭はこちら»

よい蘭、悪い蘭の見分け方はありますか?

花数、花びら、葉や茎などの状態で見分けます。
まず、花数が多く、花びらに厚みと張りがあり傷や色むらのない胡蝶蘭を選びましょう。さらに花びらの大きさや色、向きにはばらつきがないものが、美しい胡蝶蘭といえます。
葉や茎も良い胡蝶蘭を選ぶポイントになります。茎は太くてまっすぐなもの、葉はつやつやして、傷や変色がなく、長さや大きさが整っているものがよいでしょう。

直送品だと、どんな花が届けられたか見られず心配です。

お届け品の写真をご覧いただけます。
ご依頼の商品の写真をEメールに添付してお届けいたします。ご希望のお客様はお申し付けください。

どれぐらいで届きますか?

3日程度で配送できます。東京23区及び神奈川なら当日配送も可能です。
お届けはご注文日の翌日~3日後となりますが、お届先のご住所により異なります。お急ぎのお客様で、東京23区及び神奈川県内へのお届けの場合、午後2時までのお申し込みなら当日配達も可能ですのでご相談ください。
フリーダイヤル 0120-37-4187

名札やメッセージカードは入れられますか?

用途に応じて、様々なサイズとパターンをご用意しています。
胡蝶蘭販売では、お客様の思いを届けるため、自由度の高いレイアウトで名札や立て札を作成しております。
qa05
名札・メッセージカードについてはこちら»

胡蝶蘭はどんな手入れが必要ですか?

水・温度・光をほどほどに、毎日環境をチェックしましょう。
胡蝶蘭の原産地は東南アジアの熱帯雨林地帯で、高温多湿で比較的標高の高い地域に生息しています。日本国内の関東の気候を基準とすると、春と秋の環境が適していると言えます。水・温度・光を多すぎず(強すぎず)、少なすぎず(弱すぎず)ほどほどに、毎日必ず蘭を育成する環境をチェックすることが大切です。

qa06
胡蝶蘭の育て方はこちら»

領収書は発行していただけますか?

ご入用の方は、発行いたしますのでお申し付けください。後日郵便にてお届けいたします。

Copyright ©e胡蝶蘭販売 All rights reserved.