梅雨の時期の花の愉しみ方

2018年06月05日

ジメジメとして気温も高くなってきたこの時期はお花が開きやすくなりますが、

こんな時期でもお花をなるべく長く楽しむ工夫と、持ちの良い植物をご紹介致します(^^)

 

 

12

 

 

 

  • 直射日光の当たらない場所で活けましょう
  • お水換えはなるべく毎日
  • 水換えの際、少しでもいいので茎の先を切ってあげること

(新しい切り口から綺麗なお水を吸えるため)

  • 葉をお水につけないこと(バクテリアが発生してお水が濁りやすくなります。)

 

少し手間がかかりますが、せっかくもらったお花や買ってきたお花を長く保つには必要不可欠です!!

 

プラスでこちらの延命剤を使用するとより長持ちいたしますよ♪

店舗によってはボトルタプでも販売ております!

 

3

 

 

 

 

 

切り花を管理するのが苦手な方、忙しくてお世話ができない方は観葉植物などのグリーンがおすすめです(^^)

4

 

 

 

 

 

観葉植物のお水やりはだいたい週に1,2回でOK!

置き場所は直射日光の当たらない明るい場所です。(植物の種類にもよりますが…)

 

サボテンや多肉植物は水やりの回数がもっと減るのでさらにおすすめです♪

5

6

7

 

 

 

 

 

 

 

仕事や家事、勉強などでストレスがたまっている方もお花やグリーンを楽しんで自然に触れ、癒やされてみてはいかがでしょうか?

ジェルフラワー各店で皆様のお好みの植物をご用意いたしますので是非足を運んでみてくださいね(*^^)v

 

法人様向けフラワーギフト